金庫の耐久性はいかがなものなのでしょうか

耐久性を測る

金庫の耐久性はいかがなものなのでしょうか?もちろん、日本の製品の場合海外の製品に比べると、品質面に関してはあらかじめきちんとした規格が定められていたり、ある程度の目的に見合った機能は持ち合わせていることでしょうね。例えば、ヘルメットについてですが、日本製のヘルメットはハンマーで叩いてもヒビが入ったり陥没したりはしないそうなのです。一方中国製のヘルメットは、ヒビ割れたり陥没したりしてしまうのだそうです。とくに、中国製の製品については、コピー製品であったり、品質が悪い物が多いですね。私も以前ウインドウズ7のアルティメットを通販で購入したのですが、マイクロソフトが正式に認定したOSではなくて海賊版でしたね。従って、金庫についてもきっと日本製であれば大丈夫でしょうね。ちなみに、ネットでセコムのホームページを開いてみたのですが、セコムでも金庫を製造販売しているようなのです。このセコムの金庫には、ピタゴラスシリーズという業務用金庫が販売されており、その金庫を購入すると防盗性と機能性、それに耐火性の面で優れているのだそうです。
(参考:金庫も品質や精度の検査がなされているという事実

とくに金庫の場合、大型の金庫であればハンマーや電気ドリルで鍵の部分を壊されたりバールで扉部分をこじ開けられたりする可能性があります。あるいは、バーナーで鉄板を焼き切るという窃盗犯もいるかもしれませんね。従って、そんな強引な窃盗犯への対策もクリアーしている金庫なのだそうです。その他にも、金庫ごと持ち去るという強盗もいるでしょうね。もちろん、そんな強盗に対しても床に金庫を固定することにより、金庫を倒したり持ち去ることができないような対策が打ってあるのだそうです。こうした金庫の耐久性というか本来の目的以外の予防対策については、全ての金庫メーカーが行っていることでは当然ないのかもしれませんが、金庫の寿命などに関しては、耐用年数が20年というように定められているようですね。