金庫というと一般的にどのようなイメージ?

金庫をイメージする人

金庫というと一般的にどのようなイメージでしょうか?やはり外観から受ける印象といえば、重厚というイメージででしょうね。あるいは、貴重品を守ってくれることから頼りになる存在というイメージでしょうかね。確かに金庫の役目というのは、盗難事故や火災からから貴重品を守ってくれるというのが第一の役目でしょうね。また、会社であればお金や有価証券以外にも、重要な取引先や顧客の個人情報や契約書なども金庫に保管するようになるでしょうね。それに手下げ金庫以外は、盗難防止用にかなり重たくなるよう設計されているはずです。ただし、近頃では外国人による凶悪な犯罪であったり、従来では考えられないような犯罪も増えています。従って、例え100キロあるような金庫でも持ち去られるということもあるかもしれませんね。ところで、金庫には盗難から貴重品を守ってくれるというのが第一の目的でもある盗難金庫と、火災から貴重品を守ってくれるという火災金庫とがあります。
(参考:金庫の分厚い扉には何が詰まっているのでしょうか

しかも、いずれの金庫においても耐用年数というのが定められています。やはり、いつまでも本来の目的を全うしてくれるというものではありません。もちろん、万が一企業が火災事故を起こしたならば、例え貴重品や契約書などを火災金庫が守ってくれたとしても、余程大きな企業でない限りはその存続すら危ぶまれるでしょうね。また、各個人の家庭においても金庫を所有しているという方も多いことでしょうね。とくに、会社の役員をしているという方や、会社を経営しているという方であれば、その所有する財産もきっと大きいことでしょうから、タンスの中にある衣類の下に通帳を隠しているという昔のようなことはできないでしょうね。もちろん、お金であれば銀行に預けるなどしながら、通帳だけ自宅で保管をしたり株などはインターネットでの契約がほとんどです。従って、株式証券を自宅に保管するという昔のようなことは無くなりましたね。