金庫も品質や精度の検査がなされているという事実

品質検査の項目

市場で販売されている製品の中には、一見すると品質検査などをしなくても良いようなもの、またはそのような検査が行われずに販売されていると考えられるものが多くあります。そんな製品の一つであるのが金庫であると思うのですが、金庫は品質検査がなされていないという考え方は大きな間違いでした。というのも金庫も品質や精度の検査がなされているという事実があったからです。そのため、私たちが目にしている数多くの金庫は、販売される前に業者の方で十分な品質や精度の検査がなされてから市場に出回っています。

ではこの品質検査について具体的にどのようなことがなされているのかというと、まず金庫の使用を行う上で危険性が無いかどうかを確認する作業が行われます。これは金庫を使用する上で人が怪我をしてしまうことが無いように、そしてその怪我によって製造メーカーが訴訟をされないようにすることが大きな目的になります。そして次の段階で金庫の鍵の精度など、製品そのものの機能が十分な状態なのかの確認がなされます。

詳しくはこちらの記事へ
→ アラサーからの正しい金庫の使い方講座

この部分で不具合が出ると、金庫としての役割を果たせ無いのでこの検査もかなり重要なポイントとなるでしょう。

普通検査というと安全性と製品としての精度という二つのポイントが重要視されることから、ここまでで検査も終了すると思われます。しかし、金庫の場合はそこに耐熱や耐火などのオプションがつくケースもありますので、どれだけの火に耐えられるかなどという耐火チェックなど、かなり特殊な検査も行われるのです。これは本当に意外な事実だったのではないでしょうか。

以上のように、金庫は市場に出回るまでにかなり沢山のチェックポイントを通過してから販売されるのが実情です。ですので販売されている金庫は例外はあるものの、それなりに十分なチェックがなされていることから安心して使用することができますし、それによって私たちが不利益を被るような構造でもありません。