一家に一台金庫があれば急な災害でも無問題

家族を守る

金庫というのはどこの家庭にも普通にあるというものではないと思います。小さな金庫だと通帳や現金や宝石類などの貴重品をしまっておくのに置いてある家はあるかもしれません。大きな金庫になるとよっぽどなお金持ちの家や古くからの商家などでないと家には置かれてはいないでしょう。
一般家庭では金庫に入れるものがないという理由でわざわざ購入はしないと思いますが、金庫は耐火、防盗になっています。火事になった時など金庫の中にあるものは守られます。ということは通帳や印鑑などを入れておけば突然の災害にあって全て失った状態でも通帳や印鑑は残ります。また通帳や印鑑は届け出ればある程度は戻るにしても現金は無くなってしまってはどうしようもありません。
(参考:金庫というと一般的にどのようなイメージ?

いくら「あった」と言っても何の証明にもなりませんから、現金の保管は金庫というのが一番でしょう。そして大きな金庫にいたってはかなりな重量になるためもしも洪水で流されたとしても遠くまではいかないと思われます。
災害というのは突然襲いかかります。備えあれば憂いなしというように、普段から家に金庫を置き大事なものをしまっておけば泥棒に入られても安心ですし、裸一貫からやり直しという事態も防ぐことができます。
突然の災害が増えてきた昨今、一家に一台の金庫というのは必要になってくるのかもしれません。