金庫というと一般的にどのようなイメージ?

金庫をイメージする人

金庫というと一般的にどのようなイメージでしょうか?やはり外観から受ける印象といえば、重厚というイメージででしょうね。あるいは、貴重品を守ってくれることから頼りになる存在というイメージでしょうかね。確かに金庫の役目というのは、盗難事故や火災からから貴重品を守ってくれるというのが第一の役目でしょうね。また、会社であればお金や有価証券以外にも、重要な取引先や顧客の個人情報や契約書なども金庫に保管するようになるでしょうね。それに手下げ金庫以外は、盗難防止用にかなり重たくなるよう設計されているはずです。ただし、近頃では外国人による凶悪な犯罪であったり、従来では考えられないような犯罪も増えています。従って、例え100キロあるような金庫でも持ち去られるということもあるかもしれませんね。ところで、金庫には盗難から貴重品を守ってくれるというのが第一の目的でもある盗難金庫と、火災から貴重品を守ってくれるという火災金庫とがあります。
(参考:金庫の分厚い扉には何が詰まっているのでしょうか

しかも、いずれの金庫においても耐用年数というのが定められています。やはり、いつまでも本来の目的を全うしてくれるというものではありません。もちろん、万が一企業が火災事故を起こしたならば、例え貴重品や契約書などを火災金庫が守ってくれたとしても、余程大きな企業でない限りはその存続すら危ぶまれるでしょうね。また、各個人の家庭においても金庫を所有しているという方も多いことでしょうね。とくに、会社の役員をしているという方や、会社を経営しているという方であれば、その所有する財産もきっと大きいことでしょうから、タンスの中にある衣類の下に通帳を隠しているという昔のようなことはできないでしょうね。もちろん、お金であれば銀行に預けるなどしながら、通帳だけ自宅で保管をしたり株などはインターネットでの契約がほとんどです。従って、株式証券を自宅に保管するという昔のようなことは無くなりましたね。

金庫の耐久性はいかがなものなのでしょうか

耐久性を測る

金庫の耐久性はいかがなものなのでしょうか?もちろん、日本の製品の場合海外の製品に比べると、品質面に関してはあらかじめきちんとした規格が定められていたり、ある程度の目的に見合った機能は持ち合わせていることでしょうね。例えば、ヘルメットについてですが、日本製のヘルメットはハンマーで叩いてもヒビが入ったり陥没したりはしないそうなのです。一方中国製のヘルメットは、ヒビ割れたり陥没したりしてしまうのだそうです。とくに、中国製の製品については、コピー製品であったり、品質が悪い物が多いですね。私も以前ウインドウズ7のアルティメットを通販で購入したのですが、マイクロソフトが正式に認定したOSではなくて海賊版でしたね。従って、金庫についてもきっと日本製であれば大丈夫でしょうね。ちなみに、ネットでセコムのホームページを開いてみたのですが、セコムでも金庫を製造販売しているようなのです。このセコムの金庫には、ピタゴラスシリーズという業務用金庫が販売されており、その金庫を購入すると防盗性と機能性、それに耐火性の面で優れているのだそうです。
(参考:金庫も品質や精度の検査がなされているという事実

とくに金庫の場合、大型の金庫であればハンマーや電気ドリルで鍵の部分を壊されたりバールで扉部分をこじ開けられたりする可能性があります。あるいは、バーナーで鉄板を焼き切るという窃盗犯もいるかもしれませんね。従って、そんな強引な窃盗犯への対策もクリアーしている金庫なのだそうです。その他にも、金庫ごと持ち去るという強盗もいるでしょうね。もちろん、そんな強盗に対しても床に金庫を固定することにより、金庫を倒したり持ち去ることができないような対策が打ってあるのだそうです。こうした金庫の耐久性というか本来の目的以外の予防対策については、全ての金庫メーカーが行っていることでは当然ないのかもしれませんが、金庫の寿命などに関しては、耐用年数が20年というように定められているようですね。

金庫も品質や精度の検査がなされているという事実

品質検査の項目

市場で販売されている製品の中には、一見すると品質検査などをしなくても良いようなもの、またはそのような検査が行われずに販売されていると考えられるものが多くあります。そんな製品の一つであるのが金庫であると思うのですが、金庫は品質検査がなされていないという考え方は大きな間違いでした。というのも金庫も品質や精度の検査がなされているという事実があったからです。そのため、私たちが目にしている数多くの金庫は、販売される前に業者の方で十分な品質や精度の検査がなされてから市場に出回っています。

ではこの品質検査について具体的にどのようなことがなされているのかというと、まず金庫の使用を行う上で危険性が無いかどうかを確認する作業が行われます。これは金庫を使用する上で人が怪我をしてしまうことが無いように、そしてその怪我によって製造メーカーが訴訟をされないようにすることが大きな目的になります。そして次の段階で金庫の鍵の精度など、製品そのものの機能が十分な状態なのかの確認がなされます。

詳しくはこちらの記事へ
→ アラサーからの正しい金庫の使い方講座

この部分で不具合が出ると、金庫としての役割を果たせ無いのでこの検査もかなり重要なポイントとなるでしょう。

普通検査というと安全性と製品としての精度という二つのポイントが重要視されることから、ここまでで検査も終了すると思われます。しかし、金庫の場合はそこに耐熱や耐火などのオプションがつくケースもありますので、どれだけの火に耐えられるかなどという耐火チェックなど、かなり特殊な検査も行われるのです。これは本当に意外な事実だったのではないでしょうか。

以上のように、金庫は市場に出回るまでにかなり沢山のチェックポイントを通過してから販売されるのが実情です。ですので販売されている金庫は例外はあるものの、それなりに十分なチェックがなされていることから安心して使用することができますし、それによって私たちが不利益を被るような構造でもありません。

カラフルな金庫が登場すると世間はこう変わるかも?

カラフルな金庫

ネットを見ていると、実にカラフルなデザインの金庫が販売されています。とりわけ、金庫といえば実用性とか機能性を重視するだけのイメージが強いのですが、ネット通販を見ていると木目調のドアであったり、壁紙に使われているようなデザインが施された金庫であったりと、まさに家具の一部のように家の中に金庫自体も溶け込みそうな予感がしてしまいます。こうしたデザイン性のあるスタイリッシュな金庫の場合、きっと洋間の部屋にも自然と溶け込みそうですね。ちなみに、ディフロマットというスウェーデンにあるメーカーの金庫になるのですが、スウェーデンといえばフリーセックスの国で有名です。従って、男女の交流意識だけでなく、各個人の性格も開放的な方がきっと多いのかもしれませんが、金庫という堅苦しい物に対してもカラフルでスタイリッシュなデザインをすることで、そうした内面の意識が自然と反映しているのでしょうね。一方、日本といえばフリーセックスどころか、性描写についても世界でも5本の指に入るくらいに厳しい国でもあります。
(参考:一家に一台金庫があれば急な災害でも無問題

個人的にはもっと開放的にした方が良いようには思うのですが、そうした国民性というのが金庫などにも反映しているのかもしれませんね。従って、金庫といえばデザインよりも性能や機能性が重要視されているのでしょうね。そうしたことからも、カラフルな金庫が登場すると世間はスウェーデンのような開放的な国民性に変わるのかもしれませんね。ちなみに、スウェーデンのディプロマット社製の金庫の場合、単にデザインが良いというだけではないようなのです。ディプロマット社製金庫の通販サイトには、金庫の耐火性能試験や衝撃落下試験の様子が撮影された動画も掲載されています。従って、外見上のデザインが良いというだけでなく、性能面においても優れているということが分かります。また、施錠システムについては、警報機付きのテンキータイプが採用されています。

大都会の金庫事情について

大都会

大都会の金庫事情なんて大都会に住んでいてもわからないと思います。ましてや田舎にいては見当もつきません。それでも想像してみて、大都会ならではの近所住民とのコミュニケーションの希薄さ、いろいろな人が集まるということで不審者の増加、またそれに気づけない無関心さ、などなどを考慮すると各家庭の金庫というものは非常に大事な位置付けになってくるのではないかと思ったのですが、インターネットで調べてみると、まず出てきたのが使われなくなった地下金庫で農業を始めたという記事。ちょっと意表を突かれました。
地下なので太陽光は当たらないためLEDを使った農作となるようですが、ハーブや野菜、稲なども作られているのは驚きです。
(参考:金庫の耐久性はいかがなものなのでしょうか

プランターで育てて土をそこまで必要としない上に、害虫がつくことがなく農薬も使う必要がないため無農薬野菜というので身体には良さそうです。また研究を重ねて太陽光で育てた野菜と遜色ないくらいのものをLEDの光で育てることができるようになっているそうです。
大都会での農業というと、ビルの屋上でプランターを育てるというのはありましたが、大規模な農場というのはまず無理でした。ですが地下ならビルの屋上よりもかなり広い空間が確保出来ます。ただ、ここは元地下金庫とありましたが、一体どれだけ広い地下金庫だったのでしょうね・・・。

一家に一台金庫があれば急な災害でも無問題

家族を守る

金庫というのはどこの家庭にも普通にあるというものではないと思います。小さな金庫だと通帳や現金や宝石類などの貴重品をしまっておくのに置いてある家はあるかもしれません。大きな金庫になるとよっぽどなお金持ちの家や古くからの商家などでないと家には置かれてはいないでしょう。
一般家庭では金庫に入れるものがないという理由でわざわざ購入はしないと思いますが、金庫は耐火、防盗になっています。火事になった時など金庫の中にあるものは守られます。ということは通帳や印鑑などを入れておけば突然の災害にあって全て失った状態でも通帳や印鑑は残ります。また通帳や印鑑は届け出ればある程度は戻るにしても現金は無くなってしまってはどうしようもありません。
(参考:金庫というと一般的にどのようなイメージ?

いくら「あった」と言っても何の証明にもなりませんから、現金の保管は金庫というのが一番でしょう。そして大きな金庫にいたってはかなりな重量になるためもしも洪水で流されたとしても遠くまではいかないと思われます。
災害というのは突然襲いかかります。備えあれば憂いなしというように、普段から家に金庫を置き大事なものをしまっておけば泥棒に入られても安心ですし、裸一貫からやり直しという事態も防ぐことができます。
突然の災害が増えてきた昨今、一家に一台の金庫というのは必要になってくるのかもしれません。

金庫の分厚い扉には何が詰まっているのでしょうか

金庫の暑い扉

金庫というのは基本的に防犯用ですが、火事などの災害からも大事なものを守るための金庫というので防火金庫があります。大体のオフィスなどにある業務用金庫というのはこの防火金庫になっているようですが、本体もですがその扉も非常に分厚く頑丈です。そしてこの扉の中にはなんと水が入っているのだそうです。分厚い金属の中には熱を伝えにくくする発泡コンクリートやケイソウ土が詰まっている他に、温度を下げるための水が含まれていて、火事などで耐火金庫が高温にさらされると水が水蒸気となって気化熱で金庫内の温度を下げ、さらには扉の隙間から外へ漏れ出し火の侵入を防ぐという役割をしているそうです。
(参考:カラフルな金庫が登場すると世間はこう変わるかも?

ただ耐火金庫の水は熱にさらされていなくても蒸発してしまうらしく、この水がなくなると耐火性能が大幅に低下してしまうために耐用年数があるようです。
そしてよくスパイ映画やテレビ番組などで見る地下にある巨大金庫室の分厚い扉ですが、1メートル以上もある分厚さでこの扉を破るのは不可能とも言われています。この扉には、電気ドリル、バールなどの破壊工具に耐える性質である対錐性、ガス溶断機などの熱に耐える対溶断性、ハンマーや爆破などの衝撃に耐える耐衝撃性の3つを併せ持った特殊合金が詰まっているそうです。なんともすごい金庫ですね。