アラサーからの正しい金庫の使い方講座

30代が金庫を使う時

金庫の正しい使い方というのをご存知でしょうか。金庫なんてものを入れて扉を閉めて鍵をかけるだけで正しい使い方なんてあるの?と思われる方がほとんどだと思います。

まず金庫には耐火金庫や防盗金庫などがあります。基本的にどの金庫も防盗金庫となってはいますが、耐火性能があるかどうかは金庫によって違います。業務用など大きな金庫というのは大抵耐火金庫となっていて、耐火金庫には耐用年数があるということを知らずに、金庫があるから安心とずっとそのままにしている方がほとんどではないでしょうか。耐火金庫の耐用年数は20年とされています。20年経つとその耐火性能が大幅に減少してしまうため耐火金庫としての役割を果たしません。そのため20年たったら耐火材の交換もしくは買い換えることをお勧めします。

そしてダイヤル式金庫にありがちなトラブルとして、ダイヤルをテープなどで固定したまま鍵だけで開け閉めをしている場合が挙げられます。
(参考:大都会の金庫事情について

テープで固定していても何かの拍子にダイヤルがずれてしまい、暗証番号を使っていなかったために番号が分からず金庫が開かなくなるというトラブルをよく聞きます。ダイヤル式金庫は普段から鍵とダイヤルを両方使うようにしましょう。

テンキー式金庫の場合は暗証番号を定期的に変えるということも大事なことです。長い間同じキーを使い続けることでそのキーだけがテカったりと使用感が出てきてしまい、暗証番号を推測できるようになってしまいます。さらにテンキー式の場合は電池でキーを動かしているので半年から1年くらいで電池を交換するようにしてください。

このように金庫 鍵開けの知識やテクニックを身につけておくことは重要です。タイプや年式によって、金庫の鍵を開ける方法は、さまざまに存在します。

せっかくの金庫ですから、正しい使い方で長い間トラブルなく使えるようにしたいですね。